« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月30日

プロボクサー 井上拓真選手

■6月30日の放送は・・・

 世界挑戦へ!
  プロボクサー 井上拓真選手 登場!

 この日のゲストは、プロボクシング
 前・東洋太平洋スーパーフライ級チャンピオン
 プロ7戦無敗井上拓真選手。

 span

 今年2月に番組にご出演いただいた
 WBO世界スーパーフライ級王者
 井上尚弥選手の弟で
 今月、世界挑戦を見据え、保持していた
 東洋太平洋スーパーフライ級王座を返上。

 世界制覇、兄弟世界王者の野望
 兄・尚弥選手との兄弟の絆、
 そして二十歳の素顔に迫りました。

 span

◆◆ 井上拓真選手 プロフィール ◆◆

 1995年、神奈川県座間市出身、20歳。
 身長163cm、普段の体重は60kg。
 (スーパーフライ級のリミットは52.163kg)

 父は元アマチュアボクサー
 兄は現WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥選手。
 物心がつく頃からボクシングを始め
 高校時代のアマチュアでの戦績は57戦52勝
 高校3年の2013年12月、大橋ジムからプロデビュー。
 デビュー1,2戦で日本ランカー、世界ランカーを連覇。
 プロ5戦目で東洋太平洋スーパーフライ級王座獲得。
 今年5月、同王座2度目の防衛に成功すると
 今月、世界王座挑戦を見据えタイトル返上。

 プロ7戦全勝(2KO)。
 得意のパンチは右ストレートと左フック。

 span

 (年齢、記録は 放送日時点)

********************

  兄はライバル

 同じジムに所属する2歳年上の兄
 井上尚弥選手は世界最速2階級制覇を成し遂げた
 現WBO世界スーパーフライ級王者として
 拓真選手と同じ階級で
 世界の頂点に君臨しています。

 「兄弟で一緒にやってきたからこそ、
  ここまで来れた」
と語る井上拓真選手にとって
 の存在は・・・

井上 「ライバル的存在で
     練習ではいつも切磋琢磨してやってます」


岩本 「それは“拓真”君だからですか?」

井上 「(笑)」

 span

 現状では、兄・尚弥選手よりも
 魅せることができていないと
 自己分析する弟・拓真選手。

井上 「兄より魅せれる試合を
     していきたいと思います」


岩本 「『魅力』の【魅】ですね。
     ニクイわ~!“プロ”です!」


  世界チャンピオンを目指して

井上 「『世界』というのは小さい頃からの
     夢だったので、それを叶えるべく
     日々努力してるので
     早く取りたいですね」


  「目標とするボクサー」は
 具体的にはいない――という井上拓真選手は
 兄・井上尚弥選手を含めて
 様々なボクサーの長所を
 自身のファイトスタイルに
 取り入れているそうです。

 今後、世界王者になるために
 強化すべき点は・・・

井上 「基礎を見直して、
     一つ一つ修正していくことですね。
     パンチの打ち方にしても
     バランスが一番大事なんで、
     足の幅、ステップの仕方を
     一つ一つ
     見直していこうかなと思いますね」


 span

  鋼の肉体

 ラジオですが
 鍛え抜かれた腹筋を見せていただきました。

 span

 span

松島 「もう“鉄”ですね」

八木「すごい!素敵!どうしよう?!」 

岩本 「6パック!
     俺、でかい1パック」


 span

  東京オリンピック

 国際ボクシング連盟(AIBA)は
 AIBA設立のプロ団体(APB)の選手の
 オリンピック参加を認め、
 さらに、全てのプロ選手が
 五輪に参加できる案を検討。

 しかし、日本ボクシング連盟は
 5月に行われた理事会で
 日本ではプロ選手の出場を
 受け入れない方針を承認しました。

 もし、4年後の東京オリンピック
 日本のプロボクサーの五輪参加が
 認められたとしたら・・・

 24歳で迎える
 東京オリンピックへの想いを伺いました。

井上 「出てみたい、というのは
     ありますね。
    
(その時、世界王者でも?
     やっぱり別物ですね、
     オリンピックは」


岩本 「そこに頂点の金メダルがある限り、
     チャンスがあれば行きたいよね」


 span

 ガンちゃんは、2000年のシドニーオリンピックで
 西武・松坂大輔、ロッテ・黒木知宏とともに
 野球の日本代表候補として
 名前が挙がりましたが
 球団側の方針で
 シーズン中のエース・岩本ツトム(当時)
 五輪派遣は見送られました。

岩本 「今やから言えるけど
     行きたかったよ。
     オリンピック、出たかった!」


 span

 2020年の東京オリンピックで
 日の丸を背負う井上拓真選手の勇姿を
 見ることはできるでしょうか。

 世界王座獲得と合わせて期待しています!

 span

 改めて今後の夢・目標を伺いました。

井上 「世界チャンピオンになって
     誰にでも知られるような
     ボクサーになりたいですね」


 井上拓真選手の公式ブログは こちら

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

2016年06月23日

池添謙一騎手の スベランデーズ・ステークス

■6月23日の放送は・・・

 三冠ジョッキー 池添謙一騎手が挑む!
  スベランデーズ・ステークス!

 前回から2週連続登場の
 池添謙一騎手が番組名物
 「すべらな~い話」特別レース
 『スベランデーズ・ステークス』にチャレンジ!

 おなじみ「スベらずBOX」
 「トークテーマ」=「お題」が書かれた紙が入っています。
 ここから引いたお題に沿って、
 決して スベランデ~ ・・・という
 トークを展開していただきます。

 span

 はたして結果は・・・

********************

  まいどGな話

 同じく番組名物「まいどG大賞」とのコラボで
 お題は「まいどGな話」=ドジ話

 比較的、最近の話を披露していただきました・・・

 レースの発走時間を
 10分遅く勘違いしていた池添騎手は
 余裕を持ってトイレから戻ったところで
 係員から「集合時間」と聞かされ、大慌て。

   急いで勝負服に着替え
   パドックまで猛ダッシュ!

池添 「全速力で、たぶん
     100m 10秒切ってるか、
     メチャメチャ速いスピードで・・・」


 待たされていたほかのジョッキーから
 冷たい視線を浴びましたが、
 パドックを1周多く周回してくれていたようで
 ギリギリセーフ。

   制裁・罰金は逃れましたが
   レース前に疲労困憊・・・。

岩本 「じゃあ、パドックの時には・・・」

池添 「もう『ハァハァ』でしたね。
     『ゼェゼェ』言って。
     馬を走らせなきゃいけないのに
     自分が走っちゃって」


松島 「で、結果は・・・?」

池添 「ダメでしたね」

 span

********************

  勝っちゃった

 競馬ではなくボートレースの話。

 ボートレースに詳しい騎手の先輩に連れられて
 初めてボートレース場に行った際、
 先輩と同じ「買い目」で舟券を購入。

池添 「『自信がある』というから
     僕も乗っかって、
     同じ金額買ってたんですけど
     先輩にナイショで買い足したんですよね」


 結果は・・・帯抜き
  (ひとつのレースで100万円以上の払戻金を得ること)

池添 「100万勝ったんです」

 一生懸命予想して的中させた先輩は、
 池添騎手が自分の予想に乗っかった上に
 買い足して
 “帯抜き”の高額配当を得ていて、大激怒

池添 「『なにコッソリ買い足してんねん』
     みたいに怒れれるっていう・・・」


岩本 「『予想代よこせ!』ぐらいの勢いで
     言われた、ということですね」


松島 「ビギナーズラックにしてはすごいですね」

 span
 ▲「お題」発表の際、いちいち 「ペロペ~ロ」 とつけていたのは
   ガンちゃんのフリに応えてのもの

 その後、ボートレーサーと交友を深めるようになり
 「応援」「友情」の意味で舟券を買う機会が
 増えたことから、なかなか勝てなくなったそうです。

池添 「『なんでオレを買ってなかったんや』
     と言われるじゃないですか。
     取れなくなりましたね、知り合いが増えて」


岩本 「先輩を差し置いて
     ようさん買
(こ)うてるって
     なかなかのギャンブラーですよ!」


池添 「怒られましたけど(笑)」

********************

 span

 池添騎手の今後の目標は
 春のシーズンで残るGIレース
 「宝塚記念」(6月26日/阪神)で勝つこと。
 (池添騎手は「ヤマカツエース」に騎乗)

 そして「宝塚記念」を挟んで
 函館・札幌に遠征します。

池添 「函館6週間、札幌6週間と
     出張に行くので
     聴いていただいた皆さん、
     北海道に足を運んでいただければ」


 span
 ▲池添騎手も参加しての番宣スポット収録風景のひとコマ
   本人がノリノリで「イケゾエ!」コールをしています 

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2016年06月13日

池添謙一騎手の ベスト&ワーストレース

■6月13日の放送は・・・

 史上最年少 三冠ジョッキー
  池添謙一騎手 登場!

 この日のゲストは
 歴史に残る名馬「オルフェーヴル」
 クラシック三冠も達成した池添謙一騎手。

 騎手生活19年目を迎える池添騎手に
 これまでのベストワーストレース
 振り返っていただきました。

 span

◆◆ 池添謙一騎手 プロフィール ◆◆

 1979年、滋賀県出身、36歳。

 武 豊騎手に憧れてジョッキーを目指し
 1998年にデビュー。
 この年、38勝を挙げ「最多勝利新人騎手」受賞。
 2002年「桜花賞」でGI初勝利。
 2011年には、オルフェーヴルに騎乗し
 皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシック三冠を達成。
 32歳で「史上最年少三冠ジョッキー」に輝く。
 今年は「オークス」をシンハライトで優勝。

 重賞レースの通算勝利は69。
 そのうちGⅠでは22勝をマーク。

 (年齢、記録は 放送日時点)

********************

  ベストレース

 2011年 第78回 日本ダービー(GI)
  (東京競馬場 2400m 芝)

 池添騎手が「一番嬉しかった」と語るのは
 単勝3.0倍1番人気の
 皐月賞馬オルフェーヴルが
 3歳馬 7458頭の頂点に立ったレース。

 池添騎手にとって初のダービー制覇でした。

池添 「日本で一番大きいレースを
     とれたことが
     ずっと残ってます。
     嬉しいですね」


 span

********************

  ワーストレース

 2012 第60回 阪神大賞典(GII)
  (阪神競馬場 3000m 芝)

 前年のクラシック三冠+有馬記念制覇で
 6連勝中の4冠馬オルフェーヴルが
 単勝1.1倍の圧倒的な1番人気で迎えた
 2012年の初戦。

 オルフェーヴルは
 2周目の3コーナーで外ラチに向って大きく逸走。
 まるで故障が発生したかのように失速し
 馬群から離され、後方に下がってしまいます。

 ところが、再び外から豪脚を発揮。
 一気に馬群に取り付きます。

 結局、いったんは先頭に立ちましたが
 半馬身差の2着でゴール。

池添 「騎手としてはダメな、
     申し訳ないレースでした。
     絶対勝たなきゃダメでしたね」


********************

  言うことを聞かない馬

 馬に苦労させられたエピソードは・・・

 ある馬が調教で池添騎手を乗せた状態で
 言うことを聞かなくなりました。

 立ち止まること1時間・・・。

池添 「ムチ使っても動かないんで、
     その馬が気分が向いて動くまで
     待っててあげなきゃいけないんです。
    
(冬だったので)寒かったですね」


 span

********************

  勝負メシでゲン担ぎも・・・

 池添騎手は勝負師として
 ゲンを担ぐこともあるそうですが・・・

 2度目のGI制覇となったレースの前夜
 「かつ丼」を食べたことから
 「これだ!」と思った池添騎手は
 GIレースの際、
 毎回「かつ丼」を食べるようにしたそうです。

 そして今年・・・
 春からGIレースが続き
 5週連続土曜日の夜が「かつ丼」となりました。

 「37(歳)になるんで、キツイなと思って」
 「かつ丼」でのゲン担ぎをやめようと思った時
 「オークス」で優勝。

池添 「また続けないといけないと思って」

岩本 「消化剤 持ち歩かないと」

 span
 ▲ゲストは池添謙一騎手

 池添謙一騎手は、次回の放送にも登場。
 とっておきの話をご披露いただきます。

 ※ 6月20日(月)は休止
  次回放送は 6月23日(木)18時~ です。


********************

 この日はスペシャルウィーク初日。

 『岩本勉のまいどスポーツ』では
 番組恒例のプレゼント企画を実施し、
 スクラッチ宝くじ10枚を
 抽選で10名の方にプレゼント!
 限られた応募受付時間の中で
 たくさんのメール・FAXをお寄せいただきました。

 番組をお聴きいただいた皆様、ありがとうございました!

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2016年06月06日

リオ五輪 サッカーU-23日本代表を分析

■6月6日の放送は・・・

  湯浅健二さんと
  リオ五輪 サッカー展望!

 「まいどスポーツ」ではすっかりおなじみ
 ドイツサッカー協会公認プロサッカーコーチの
 ライセンスを持つサッカージャーナリスト
 湯浅健二さんをゲストにお迎えして、
 サッカーU-23日本代表の現状の分析、
 リオデジャネイロオリンピックへの
 期待を伺いました。

 span

********************

  あと半歩、足を伸ばせ!

 U-23サッカー日本代表は
 今年1月、リオ五輪アジア最終予選を兼ねた
 「AFC U-23選手権2016」で優勝。
 6大会連続の出場を決めました。

湯浅 「吹っ切れたすごいサッカーをした。
     機能性を発揮して
     勝ち切った」


 span

 しかし、先月行われた
 「トゥーロン国際大会2016」
 (U-23世代の国際大会で五輪の重要な前哨戦という位置づけ)
 日本はパラグアイ、ポルトガル、
 イングランドに敗れ
 1勝3敗でグループステージ敗退。
 (1勝はギニア)

 湯浅さんは
 欧州、アフリカ、南米の強豪チームを相手に
 日本はシュート数、サッカーの流れなどで
 互角以上の戦いをしながらも
 「うまさにやり込められてしまった」と分析。

湯浅 「アジア最終予選の時は、
     みんなガンガン前に行ったんです。
     勇気を持って、リスクにチャレンジした。
    
(トゥーロンでは)
     それを引き出すことができなかった。
     遠藤航とかリーダーシップある選手が
     足りなかった――ということが
     大きかったと思います」


 トゥーロン国際大会では、 
 遠藤航、久保裕也らが不在でした。

 span

 「サッカー」では
 “半歩”足が伸びるかどうか――が
 重要なポイントとなるそうです。

 ボールがイレギュラーする可能性が
 常につきまとう中で、
 ミスをおかさないように
 “あと半歩”の足が伸びないと
 厳しい戦いを勝ち抜くことは困難。

 この話に、ガンちゃん
 「野球」にも通じる――として共感。

 野手で「無失策記録」がかかった場合に
 “あと1歩・半歩”が出なくなることがあるそうです。

岩本 「『エラーをしない』といわれる選手は
     守備範囲がものすごい狭い。
     攻めない。ギリギリのところで
    
(捕りにいって)『エラー』つくの
     イヤだから、ボールを見送るんです」


湯浅 「さすがですね、岩本さん。
     そのことを言いたかった」


岩本 「ミスを恐れてるプレーが
     物足りない!ということですよね」


 span

********************

  手倉森誠監督に期待!

 U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は、
 たとえ、日本サッカー協会や、
 各チームからの現場介入があったとしても
 はね返す気概があると評価。

湯浅 「選手たちをまとめる監督が(たとえば)
     メディアにおべっかを使ったりしたら
     チームはおしまいなわけですよ。
     彼はそういうことはしない」


 こうした監督のもとで起用された選手は
 “半歩”どころか
 “1歩”足が伸びることだってある!
 ――と湯浅さんは期待しています。

********************

  オリンピックにやってくる強豪国

 リオデジャネイロオリンピックでは
 日本は1次リーグB組に入り
 ナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと対戦。

 オリンピックの代表チームは
 23歳以下の選手で構成され、若いといっても、
 強豪国の多くは
 日本の高校生の年代――
 15~16歳でプロ契約を結んでいます。
 さらにそれ以前の10歳くらいから
 厳しい競争を勝ち抜き
 チームの主力を張れる力を持った選手が
 オリンピックの舞台に集まるわけです。

湯浅 「子どもの時から『勝たなきゃいけない』
     というところに
     ずっといるわけです、彼らは」


 span

 グループリーグを突破するには・・・
 アジア最終予選の時のように
 「1歩も、1歩半も足が伸びるように
  モチベーションを上げる」ことが重要。

湯浅 「手倉森監督は、
     精神的に立て直すと思います」


********************

  オーバーエージ枠は誰??

 「オーバーエージ枠」で起用される選手は
 いったい誰か・・・??

湯浅 「超ベテランで一生懸命走る人、
     選手を引っ張ることができる。
     中村憲剛しかいないと思う」


 前回ロンドン大会の4位以上に入り
 1968年メキシコシティオリンピック以来の
 メダル獲得はなるでしょうか。

 手倉森ジャパンに期待しましょう!


 span
 ▲画像をクリックすると拡大します

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30