« ミスター社会人野球 西郷泰之さん | メイン | 八木沼純子さんとフィギュアスケート展望 »

2016年01月25日

岩本勉 - 田口昌徳 のバッテリー復活!

■1月25日の放送は・・・

 現役時代はガンちゃんを支えた女房役!
  今季は“常勝西武”復活を目指す!
 埼玉西武ライオンズ
  田口昌徳バッテリーコーチ 登場!

 プロ野球キャンプインを
 1週間後に控えたこの日のゲストは
 今シーズンから埼玉西武ライオンズ
 バッテリーコーチに就任した、
 ガンちゃんの“元女房役” 田口昌徳コーチ!

 バッテリーを組んだ二人にとっての
 忘れられない試合や
 田口選手(当時)がグラウンドとベンチ裏とで
 それぞれ必死に取り組んでいた
 “ある練習”について、
 そして、ライオンズのコーチとしての
 意気込みなどを伺いました。

 span

◆◆ 田口昌徳コーチ プロフィール ◆◆

 1970年、茨木県出身、45歳(放送日時点)

 駒澤大学からドラフト4位で日本ハムに入団。
 プロ4年目の1996年には101試合出場。
 2002年途中、ダイエーに移籍。
 2005年、現役引退。
 翌年以降、ダイエー~ソフトバンクで
 チームスタッフ、2軍コーチ、スカウトを歴任。
 2015年は楽天の1軍バッテリーコーチを務め
 昨オフ、西武の1軍バッテリーコーチに就任。

 ベンチではムードメーカーで
 モノマネが得意。

 span

********************

 22年の時を経て
 ボビーベニー 復活!!

 1994年、ハワイ・ウィンターリーグに参加した
 田口コーチとガンちゃん

 この時、田口コーチがほかの参加選手の中で
 太い声がカッコよかったという
 ボブ・ベネット選手のモノマネ(声マネ)をしていると
 ガンちゃんは(ボブ→)「ボビー」と呼ぶように。

 またガンちゃん自身は、日本からの参加選手の中に
 オリックス・岩崎久則投手(=ガンちゃん)が
 いたことから、この時は
 (勉/ツトム→)「ベン」と呼ぶようにリクエスト。

 やがて(ベン→)「ベニー」となって・・・

田口 「“ボビーとベニー”になったんです」
 
 二人は帰国後も「ボビー」「ベニー」と呼び合い
 チーム内から「お前ら、何やねん!」と
 ツッコまれたとか。

********************

 スタジオに長州力選手が・・・
 はたまた平泉 成さんが・・・二人いる?!?!

 田口コーチの得意なモノマネといえば
 プロレスラー・長州力選手(声と仕草)。

 span

 ガンちゃんからは、かつて
 東京ドームのウエイトルームの鏡の前で
 田口選手(当時)が一人、声を出しながら
 長州選手のモノマネを練習していたという
 衝撃の事実が明かされました。

岩本 「鏡に向かって
     『来いよ!オラ!!』ってやってるから」


田口 「幸い、体型も似てるんですよね」

 span

********************

 野球の練習に関して話題に上がったのは
 ワンバウンド/ショートバウンドの投球を
 体で止める ブロッキング

 田口さんは気合の掛け声とともに
 ブロッキングの練習を続け
 体はあざだらけに――。

 ガンちゃんはキャッチャーを評価する上での
 大きな要素に
 「ブロッキングのうまさ」があるといいます。

松島 「ある意味、あざは勲章ですよね?」

 この話の流れから
 てっきり美談になるのかと思えば・・・

田口 「痛みからエクスタシーに
     変わっていくんですよ。
     気持ちよくなっていくんです!」


 span

 たとえ気持ちよくなろうとも、
 当然、痛みは相当なもの。
 練習後には、ひとり、コールドスプレーで
 応急処置をする田口さんの姿が
 ガンちゃんの目に入りました。

岩本 「そんなの見たら、大好きになるでしょ」

田口 「それで((ブロッキングで失点を防いで))
     ピッチャーが抑えてくれたら
     それで嬉しいんで」


 田口さんが試合中に
 ピッチャーを盛り立てるために発する
 掛け声には
 (ワンバウンドしようが)「全部止めるぞ!」
 という言葉が多かったそうです。

田口 「ワンバウンドは自信がありました。
     それだけ練習もしましたし。
     練習はウソをつかないですよ」


********************

 キャッチャー・田口昌徳にとって
 ピッチャー・岩本勉は
 リードしやすい投手だったのでしょうか――?

田口 「サインを交わすときに
     “会話”ができるんです」


岩本 「察する能力、すごかった!」

 何を投げたいのか、
 わかることが多かったようです。

田口 「サインを出して、
     気持ちよく一発で合わないと
     ピッチャーと呼吸が合わないんです。
     アイコンタクトというんですかね、
     今まで受けてきたピッチャーの中で
    
(ガンちゃんが)一番でしたね」


 span

********************

 岩本 勉田口昌徳のバッテリーが
 忘れられないゲームを振り返りました。

 ◆ガンちゃん

 1996年4月25日 対 近鉄(東京ドーム)

 日本ハム 2-1でリードの9回表のマウンド、
 満塁のピンチでバッターは中村紀洋――。

 田口捕手は、岩本投手が一番投げたかった
 カープを要求し、
 見事、空振り三振に仕留めました。

 息ピッタリの二人はこの時、
 お互いがお互いを人さし指で差し合うガッツポーズ!

岩本 「その時の写真
     パネルで家にある!」


 span

 ◆田口昌徳コーチ

 1996年6月25日 対 オリックス(岩手県営野球場)

 日本ハム 1-0でリードの9回裏2死、
 完封勝利まであとアウトひとつで
 バッターは四條 稔。

 ボテボテのファール(2ストライク目)の
 打球を取りに行ったバッテリーが
 勝負球を確認。

 「どうする?」
 「真っ直ぐでいきます!」

 グラブで口元を隠しながら伝えた
 岩本投手でしたが、興奮のあまり
 周囲に聞える大きな声になってしまい・・・

    結果は内野安打

 そして次の打者トロイ・ニールに
 逆転3ランを浴びサヨナラ負けを喫しました。

岩本 「内野安打で余計にカーっとなって
     リキんでアウトコースのストレートが
     指にへばりついて真ん中高めに。
     バカーーン!!とライトスタンドの
     森の中に消えていった・・・」


田口 「天国も地獄も
     味わっているわけですよ、僕らは」


span

◆◆ 田口昌徳語録 ◆◆

 ピッチャーに勝ってほしいから 

  「僕は“人のためにすることが幸せ”
   に思える人間でして、自分のために、と思って
   リードしたことなんてないんですよね。
   ピッチャーのため、ガンちゃんのため、
   その日のピッチャーに勝ってもらいたい
   と思って
(リードしている)

 常勝ライオンズ復活を! 

(ファンの方へのメッセ―ジ)

  「伝統ある西武ライオンズに入団しまして
  
(現役の)日本ハム時代から
   雲の上のチームだった
   強い西武をまた作りたいです。
   西武ファンの皆さん、大いに期待してください!」


 span

 文化放送「ライオンズナイター」
 「ライオンズエクスプレス」
では
 田口昌徳コーチのインタビューや談話を
 お伝えする機会が、きっと多いはずです。

 ラインズファンの皆さんは
 田口コーチが、
 その長年のキャリアを活かした指導と
 明るい性格によって
 チームを活性化させることに期待を――、
 そしてプロ野球ファンの皆さんは
 田口コーチの、爆笑を誘う発言や
 パフォーマンスに注目しましょう!


 span
 ▲画像をクリックすると別画像を表示します

投稿者 文化放送スポーツ部 : 2016年01月25日 18:30